阿佐ヶ谷の書道教室・がゆう倶楽部

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

野外アートイベントのお知らせ

がゆう倶楽部の鵞遊です。
信濃大町で北アルプス国際芸術祭が、7/30まで開催されています。
http://shinano-omachi.jp/
地域を舞台に内外のアーティストが作品を展示します。
総合ディレクターは、瀬戸内国際芸術祭を手掛けた北川フラム氏。
自然と一体になった作品が見どころ。夏休みに家族で行くのもおススメです。
私も会期中に行く予定です。

| プログ「アートな日々」 | 21:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

七夕飾りと作品

たなばた

トップページのリンクでもご紹介している「昭和の家」の七夕飾りです。
「祈り」の軸を引き立ててくださいました。感激。
この作品は、鶏毛を使っているので、
最後のしゅるっとした線に変化が出ています。

| プログ「アートな日々」 | 13:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

働き方人相診断

がゆう倶楽部の鵞遊です。

この方の書道ブログも時々拝見しています。
高宮暉峰さんの「書道のはな*みち」。
高宮さんは、一度仕事でお会いしたことがありますが、
やりたいことを形にする、頭の良い方、というイメージです。
このブログにリンクされているサイト「パッショニスタ」に
働き方人相診断があったので、やってみました。
結果、私は縁の下の力持ちタイプだそうです。
確かに、トップに立つよりも、二番手にいる方が落ち着きます・・・。
面白いので、みなさんも試してみてはいかがでしょうか。
http://passionista.info/ninso_top/

| プログ「アートな日々」 | 20:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一原有徳というアーティスト

がゆう倶楽部のがゆうです。
NHK Eテレの「日曜美術館」は、毎回チェックする番組ですが、
一原有徳という抽象版画家は、今回初めて知りました。
モノタイプといって、版に直接インクをヘラなどで描画し、
その上に紙をのせて圧力をかけて転写する技法の作品を
たくさん制作しましたが、最後は、金属を熱したものを焼印の
ように直接紙にジュワーっと焼き付けてパワーのある作品を生み出しました。
創作活動の楽しさを喚起させられる内容でした。

しかも、一原有徳さんの記念ホールがある小樽美術館が
かっこいいのです。下記サイトで紹介されています。
日美旅
一原さんが定年まで働いていた貯金局が美術館になったそうです。
小坂秀雄さんの設計だそうで、小坂さんといえば
ホテルオークラや郵政建築を手がけた建築家。
美術と建築、ダブルで楽しめるとは!
行ってみたくなりました。

| プログ「アートな日々」 | 20:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

書のブログの大先輩

がゆう倶楽部の鵞遊です。
私がお勧めする書のブログは、
沙於里さんの「心の免疫力~書とことばから」。
心の免疫力
心に沁みる言葉がたくさん出てきます。
書をやる人は一門で固まりがちですが、
沙於里さんは、横のつながりを大切にされています。
実際にお会いすると、自由奔放な方で、
私にはないものをたくさん持っていらっしゃる。
ようやく私がブログを立ち上げた頃には、
先輩はtwitterやfacebookでも作品や情報を発信していました。
年齢は私より下ですが、いろんな意味で先輩です。
書をやる人、物を作る人、
いろんな人とつながっていきたいですね。




| プログ「アートな日々」 | 16:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT